会社で人事の辞令を発行するときも、多分代表印が使われるかもしれない。

  • RSS

代表印はいろいろな場面で使うものですが、会社で人事の辞令を発行するときも、多分代表印が使われるかもしれない。これは私も自信がありませんが、ただ、印鑑は押してあるでしょう。会社の社員を部長にしたり、あるいはどこかの支店長に任命したり、その人の人生を大きく左右するようなことですから、社長命令となるでしょうし、その代表印が使われるかもしれません。とはいえ、契約というわけではないでしょうから代表印の代わりに他の印鑑が使われるかもしれないですね。会社の規模にもよるでしょうけれど。

それはそうと、辞令ということでは、たとえば都会の会社が社員を田舎の支店の店長などに任命するときは、どうでしょう。多くの人は引越しが面倒だとか、田舎がきらいだとかいうかもしれませんが、私は田舎ぐらしをしてみたいですね。のどかな雰囲気で、都会のように忙しさに追われたりしないで、美しい自然の中を散歩なんかしたりして、それはそれは田舎暮らしなんてのは楽しいでしょう。時間があまれば勉強もいいですね。語学の勉強なんてのもいいですね。私は英語とスペイン語とポルトガル語とルーマニア語とヘブライ語と、まあともかくいろいろな言葉を勉強したいのです。
とはいえ、語学と印鑑はどうつながるのかと言われても困りますが、どちらも重要ですよ。人生を左右しますからね。印鑑はどこに住むにも印鑑を使います。古い家を売ったり、新しい場所で家を買ったり、あるいはアパートを借りたりするにも印鑑を使います。会社の代表印においても会社を左右しますね。それに、従業員が語学を勉強することで会社の売上成績も大きく前進することと思います。

このページの先頭へ