会社が代表印を使うことは

  • RSS

会社が代表印を使うことは、いろいろな場面で想定されますね。会社の建物を大きく修理したりするときは、見積もりを取ります。その見積もりで、よしと決まれば、業者と改修工事の契約を結び、代表印を押すのです。そして改修工事が始まるわけです。その契約書には金額、内訳の金額、工事内容、工期や納期などが書いてあります。

そういうわけで、大きな改修工事には代表印を押して工事を始めるというわけです。
改修工事といえば、紀元前400年から500年ごろ、ペルシャ帝国に住んでいたユダヤ人たちが王の許可をもらってイスラエルに戻ってみると、神殿がボロボロで、泣きに泣いたと言われてあります。そこでユダヤ人たちは王の許可を受けて改修工事をすることにしたそうです。
もともと、その神殿というのは、ソロモン王が7年間かけて建てたという神殿で、その立派さは非常に素晴らしいものでした。大きさはそれほどでもなかったようですが、それでもそれまでの神殿よりは大きいでしょう。ただ素晴らしかったのは、そこに金がふんだんに使用され、最高の建築技術で建てられていたことでしょう。そしてそれがユダヤ人の自慢だったのですが、昔の繁栄はいずこやら、廃墟のようになってしまって、周辺国の笑いものになっていたこともあり、絶望状態だったそうです。そこで、ユダヤ人たちは自力で工事を始めたそうです。その間、いろいろな妨害に悩まされながらも、ついに改修工事が完了し、それなりの神殿を建てたそうです。昔の神殿を知っている人は、その差に歴然として泣いたそうですが、昔の神殿を知らない人は、完成した喜びに泣いたそうです。
会社の改修工事もみんなが喜ぶような工事をしていただきたいと思います。

このページの先頭へ