会社の代表印

  • RSS

会社の代表印はいろいろと使うことがあります。税務申告や様々な届け、そして様々な契約書です。やはり契約書が一番重要でしょう。 たとえば会社で銀行から借入をする場合も、銀行と契約を結びます。やはり銀行から借りなければ会社は存続できません。利益があがらなくても何とかやっていける会社ですが、借りなければやっていけないのです。とはいえいったいどこまで借りれるのでしょうか。

借金王と呼べるような人はいるのでしょうか。
そういえば、聖書に、たとえ話なのですが、すごい借金をした人が出てきますね。
ある王のしもべが王から1万タラントの借金をしていた。このタラントという単位は、大変な金額で、1日の労働者の賃金が1デナリと言って、6000デナリが1タラントとなっています。1デナリを1万円と仮定すると、1タラントは6千万円です。そして1万タラントは、6千億円ということになります。
どうして聖書にこれほどの莫大な金額をたとえ話につかっているのか、びっくりですね。でも昔は町そのものを売り買いしたので、莫大な金額が登場するのです。
ところでこのたとえ話は、そのしもべが借金を返せなかったので、王は彼をすべての財産を売り払い、返済するように命じた。しかし彼はひれ伏してお願いしたら、王はかわいそうに思って全部赦してやった。莫大な借金が免除されたしもべは、喜んで町に帰ると、100デナリを貸している仲間に出会った。そして借金を返せと強要し、ひれ伏して待ってくれと頼んだが、彼は承知せず、すべてを取り上げて牢にぶち込んだ。その話を聞いた王は怒って、彼を同じように牢にぶち込んだ。
なんとも悲しいたとえ話ですね。そんなのが聖書に書いてあるのです。要するに、神様は人間の犯してきた様々な罪を赦してくれる寛大なお方なのですが、人間がお互いに赦し合わないなら、神様もその人を赦さず、地獄に投げ落とすということだそうです。
契約は大事な物なので、しっかり検討してから契約したほうがいいですね。

オススメ!〔印鑑がすぐ必要!!〕
印鑑を卸売価格で尚且つ
即日出荷が可能なサイトです!
印鑑卸売市場

会社での代表印鑑について
Yahoo!知恵袋 最新ベストアンサー

印鑑の種類
http://www.castelmassa.net/

このページの先頭へ